戻る

本ページには以下の内容を記載しています。
  1. 禁止事項
  2. 免責事項
  3. Q&A
  4. 用語集

  • ソフトウェアの一部または全部を作者に無断でリバースエンジニアリング、改変してはなりません。
  • 著作者に無断での再配布は禁止させて頂きます。


  • 本プログラムを使用した際に生じたいかなる損害に対して、(株)ノベラックは一切の責任を負いかねます。
  • 将来にわたり本プログラムのバージョンアップ等を行う義務もないものとします。
  • 本プログラムはユーザー様の環境において確実に動作することを保証する物ではありません。
  • 本プログラムの導入は、ユーザー様ご自身の責任で行って頂くものとします。
  • 製品のサポートは、予告の有無に関係なく、製品の公開終了と共に終了させて頂きます。
  • 製品の更新版(バージョンアップ)がリリースされた場合、その時点で旧バージョンに対するサポートは終了させて頂きます。


※ 正常に動作しない場合は、以下の情報を元に、設定等の確認・変更を実施してください。

>> ツールの利用全般

  • 起動しない
    • .Net Frameworkのインストール
    • 本ツールの利用には Microsoft社提供の .Net Framework 2.0が必要になります。
      Microsoft社のサイトより[Microsoft .NET Framework Version 2.0 再頒布可能パッケージ]を入手・インストールを実施してください。
      Microsoft社 ダウンロードページ ※ 2009.08 現在

    • 既に本ツールを起動していないか
    • 既に本ツールが起動されている場合は、同時起動は出来なくなっています。
      起動中のツールを終了し、再度起動してください。

>> 遠隔操作処理

  • 遠隔起動しない
    • BIOSの設定
    • WOL(Wake On Lan)や Power Management等設定 ベンダーにより設定ツールの表現が違いますので、設定については、各社の設定方法をご確認下さい。
      WOLに対応していない BIOSの場合は、本機能はご利用いただけません。

    • NICドライバの設定
    • WOLが無効になっていないですか? ネットーワークのデバイスプロパティ (下図参照)の詳細設定や電源管理でWake… といった内容を確認してください。
      ベンダーにより設定方法が違いますので、設定については、各社の設定方法をご確認下さい。
      WOLに対応していない・設定項目が存在しないNICの場合は、本機能はご利用いただけません。

    • 最新のドライバへアップデート
    • NICメーカーサイト(Intel社等)から、最新のドライバを入手し、更新を行ってみてください。
      ※ 更新しないと、WOLに関する設定も表示されない場合もあります。

    • ファイアウォールの解除
    • 本ツールからの通知処理が遮断されている可能性があります。
      本ツールを動作させるPCへ例外プログラムとして本ツールを登録してください。

    • ルーターを超えての遠隔操作
    • ※ 本ツールでは、WOLの通信は制限ブロードキャストアドレス[255.255.255.255]に対して実施していますので、ルーターを超えての使用は出来ません。

  • 遠隔終了しない - Windows -
    • セキュリティ設定
    • 遠隔でのコントロールが無効になっている可能性があります、付属のセキュリティ設定ツール[REMOSET.exe]で、対象PCのセキュリティ設定を変更してください。
      ※ このツールを利用すると、他の遠隔操作系ツールの動作に影響を与える可能性があります。
      ドメイン環境化では、REMOSETを利用しても動作しませんのでご注意ください。

    • ログイン処理の解除
    • 以下の場合、動作しない場合があります。
      ・スクリーンセーバーが起動していてパスワードロックされている。
      ->>パスワードロックを外せば動作する可能性がありますが、外すのはお勧めできません。

    • ファイアウォールの解除
    • 本ツールからの通知処理が遮断されている可能性があります。
      本ツールを動作させるPCへ例外プログラムとして本ツールを登録してください。

  • 遠隔終了しない - Linux -
    • SSH/Telnetの有効化
    • リモッチからLinuxに対する電源処理には SSH(v1/v2)もしくは Telnetでの接続が可能である必要があります。
      SSHもしくはTelnetを有効にし、接続可能なユーザーをリモッチへ登録してください。
      ※ このツールを利用すると、他の遠隔操作系ツールの動作に影響を与える可能性があります。
    • remocmd Scriptの配置
    • リモッチからのLinuxへの 詳しくは、付属のHelpもしくは、Linuxの設定をご覧ください。

  • WOL(Wake On Lan)
    ネットワークに特定の情報(MagicPacket)を送信する事で、指定したMACアドレスのNICを持つPCを起動する仕組みの事。

  • .Net Framework
    Microsoft社が提供する、アプリケーションを実行する開発・実行する為の基盤となる仕組みの事です。
    本ツールは、『.Net Framework 2.0』環境を用いて作成していますので、基本的には『.Net Framework 2.0』がインストールされいないと動作しません。
    ※ 新しい.Net Framework (3.0等)がインストール されている場合は動作可能な場合もあります。
      .Net Framework 3.0はWindows Vista Businessでのみ動作確認実施しております。

  • MACアドレス
    ネットワークインターフェースがユニークに持っている情報です。
    確認するには、当該PC(Windowsに限る)のコマンドプロンプトで、ipconfig /all を実行する事で取得可能です。
    ※ 対象PCのIPアドレスが分かっていれば、本ツールの「MAC取得」ボタンでも取得可能です。

戻る

Copyright(c) 2008 NoveLuck Co.,LTD. All rights reserved.